嗜好による手法の変化

多様化する現代では年齢や性別に加え、嗜好の違いもターゲット分類に含めたほうがよい場合もあります。例えばF1層だとしても、ゴージャスさを好む人もいれば、可愛さを好む人もいます。近年は癒しやナチュラルさを好む人も増えています。高級な宝飾品の広告であればゴージャスさを好む人向けのレイアウトにする必要があり、かわいいレイアウトにしても商品を訴求できません。

人々の志向は時代とともに細分化され、さらに変化も続いていきますが、レイアウトする際はそれらをしっかりと考慮し、的確な表現ができるようにしましょう。

・年代と性別で絞り込んでもその中で様々な趣味や思考のベクトルがあり、ライフスタイルも時代とともに変化している。これらも考慮してレイアウトを考える必要がある。

Comments are closed.