レイアウトの目的

レイアウトは目的が大切で、これをおろそかにしたものはレイアウトとは言えません。名刺という小さなカード一枚にしても、それを渡す人がどのような人で、受け取るのがどのような人なのかによって、レイアウトは変わります。例えばIT企業の名刺なら、テクノロジーや先進性を感じさせるレイアウトがよいでしょう。弁護士の名刺であれば、知性や誠実さが感じ取れるレイアウトでなくてはなりません。

「伝えたい情報をただしく、確実に伝えること」がレイアウトでは最も大切です。

適切にレイアウトすることにより「発信する側と、受け取る側の思いに食い違いが出ないようにすることが最大の目的」なのです。

Comments are closed.