検索結果の表示件数

検索結果の表示件数は参考にならない
SEO対策の初心者は、検索結果の表示件数について勘違いをしていることがあります。表示件数についての正しい知識をお伝えします。
キーワードの選定には、「どんな言葉で情報を探しているか」を推察することが重要になりますが、注意点があります。それは、検索結果として表示される「サイトの数」は、全くあてにならないということです。「腰痛 治し方」というキーワードで検索すると、 40 万件以上のサイトページが検索結果として表示されますが、 この 数字(検索結果の件数)は、 SEOには関係ありません。「腰痛 治し方」というページが存在するというだけの数字だけです。
二ッチキーワードや複合キーワードなどの表示件数は、情報の供給サイトが どれくらいあるかを確認できるので意昧はありますが、この場合も SEOとは直接関係ありません。検索結果の表示件数が多くても、少なくても、 SEOが優れたサイトが優先的に上位表示されるというルールは変わりありません。