フォント

フォントの持つイメージ

文字は情報を伝えるとともに、点や線で構成されたデザイン要素の一つでもあります。フォントはそれぞれ独自の特徴や印象を持っているので、使い分けましょう。

  • フォントの役割

文字が伝える意味は、写真屋色と違い、一義的で理論的です。例えば桜という文字~連想するのは春に花咲く植物でしかありません。より具体的なイメージを伝えるために写真屋色と組み合わせます。さらに文字の点や線などのデザインによってもイメージを強調します。

「文字の外観を情報の内容に合わせる」=「文字の内容に合ったフォントを選ぶ」ことはデザインにおいて大切な作業です。豊富なフォントの中から伝えたい内容に合うものを選びましょう。この際、フォントの種類とその特徴を知っておくとフォント選びが楽になります。

  • 明朝体とゴシック体

フォントの外観から明朝体とゴシック体に分けられます。明朝体は縦と横の線の太さが異なり、「うろこ」という飾りを持ちます。筆で書いたようなハライやハネの形は洗練されていて読みやすく、落ち着いた印象です。雑誌や書籍新聞の本文などによく使われます。欧文ではセリフ体といいます。一方ゴシック隊は縦と横の線の太さが均一に見えるよう作られています。

そのため、拡大・縮小しても可読性が損なわれません。太いゴシック体は力強い印象を与え、見出しなどに使われます。欧文ではサンセリフ体といいます。

どちらもいろいろな太さや形があり、ともにオールドスタイルとモダンスタイルがあります。オールドスタイルは感じに比べ、かなが小ぶりで伝統的な形です。逆にかなが大きく現代的な形がモダンスタイルです。スタイルによっても印象が異なるので、目的に合わせて選びます。

Comments are closed.