色の3属性

  • 色の三属性で考える配色

配色を考える際に知っておかなくてはならないのが、色が持つ3つの性質です。「色相」「明度」「彩度」の考え方をしっかり理解しましょう。

  • 色の3属性

色には必ず3つの性質があります。それは色相、明度、彩度です。色相は色合いや色味で、赤や青などの色の違いです。明度は色の明るさの度合いで、赤にも明るい赤やくらい赤があるように、白からグレー黒のグラデーションを基準にします。もっとも明度が高い色は白、最も明度が低い色は黒です。彩度は色の鮮やかさの度合いです。濁った赤やくっきりした赤などの色の強さの程度です。彩度が高いほど鮮やかで、低いほど濁った色になります。黒が混じるだけでなく、白が混じっても彩度は低くなります。

色相、明度、彩度は色の3属性と呼ばれ、配色を考えるベースとなる概念です。

  • 色相で考える配色

配色には様々な方法があり、ここではポピュラーな2つの方法、色相で考える色相配色と明度と彩度を合わせて考えるトーン配色を見ていきます。

まず色相配色とは色相環をベースに色の組み合わせを考えます。3色で組み合わせるトライアドや4色で組み合わせるテトラードなどがあり、どれも色合いが異なるので、組み合わせるとにぎやかさや楽しさを伝える配色になります。

このほかに色相環で180度の位置にある色同士のことを補色といい、補色の組み合わせは派手で強い印象になります。この2色は混ぜると無彩色に近くなる性質を持ち、写真補正のさいにも利用されます。補色の配色はお互いに主張しあい、最も強くインパクトを与えます。ただし、個性が強すぎるので、配色する際には伝えたいイメージに合っているかどうかをよく検討しましょう。

Comments are closed.