配色

  • 感情を伝える配色

単色だけで伝えたい印象や雰囲気を表現するのは難しいものです。効果的な色の組み合わせで拝承すれば、見る人の心にダイレクトに伝わります。

  • 色の組み合わせ

色は一瞬でその印象や雰囲気を見る人に伝え、心象に強く影響します。色の効果には主観的な側面もありますが、きちんと理解して写真や文字と組み合わせればその効果は絶大です。

そのため、配色はデザインの中でも最も重要な要素の一つといえます。配色とは複数の色を組み合わせることで、組み合わせ方によって言葉だけでは伝わりにくい印象や雰囲気を見る人の心に直接伝えます。

配色がもたらす心象はストレートに伝わりやすく、その感覚は多くの人に共通するものがあります。

  • 色の共通認識

よく知られている暖色と寒色という分類は、色の見た目が温かく感じる色と、冷たく感じる色というすべての人に共通する感覚です。廃娼ではこのような共通する感覚や認識をうまく利用することが重要です。

例えば緑茶のパッケージでは緑茶=緑いろという共通する認識から、緑色が多く使われます。パッケージの緑色は、実物の緑茶色よりも明るく鮮やかな緑が使われることが多いようですが、これは摘みたてのお茶の新鮮さを表す緑色が好ましく感じられるためでしょう。緑茶を知らない文化圏の人々には緑色はお茶のパッケージとして結びつきにくい色になります。

色は感覚や認識だけでなく、その背後にある文化や習慣にも深く結びついています。このようなことを考慮して配色を行います。

Comments are closed.