写真レイアウト

  • 写真を生かす様々な手法

写真をレイアウトする際は、トリミング以外にも様々な手法があります。扱い方によって印象も変わるので、テーマに合う手法を選びましょう。

  • 写真を最大限に使う裁ち落とし

写真はその面積を大きくするほど、目立ちやすくなります。また見る人を写真の中の世界へ強く引き込みます。特に紙面のぎりぎり端まで最大のサイズで写真を使うと、写真との距離が近づきます。写真を紙面の中に収めようとすると、写真が大きくても余白がフレームのような役割を果たし、写真との間にわずかなへだたりを感じます。紙面からはみ出すように写真を大きく使えば、写真との隔たりを感じずに、写真の空間へ入り込めます。このように紙面最大で写真をレイアウトすることを裁ち落としといい、写真の効果をより一層高めたいときに使います。

  • 被写体の形を活かす切り抜き

写真は通常、長方形ですが、円形や三角形などほかの形にして使うこともできます。写真の形を変えると、長方形の場合と見え方が異なって、紙面に変化をもたらします。例えば、被写体の輪郭に合わせて背景から切り出すと、アクティブな印象が強まります。これは被写体の不規則な形が紙面に動きを生むためです。被写体を切り出した写真は切り抜き、療法系の写真は角版と呼んで区別します。雑誌やカタログなどの紙面では角版と切り抜きを混在して使うこともよくあります。角版で大きく掲載して写真の世界へ引き込み、商品はきりにぃてより引き立たせるといった手法です。角版のシンプルな形と切り抜きの複雑な形を並べ合わせることで、紙面に変化をつけます。

写真の縁をぼかして拝啓になじむようにすると、写真と背景との狭隘があいまいになり、やわらかで穏やかな印象になります。

Comments are closed.