対比のレイアウト

  • 対比のレイアウトで違いを見せる

2つの要素があり違いを明確にしたいときはあえて同じレイアウトにします。特にシンメトリーや繰り返しのレイアウトは違いを強調したいときに有効です。

  • 対比を利用する意味

体人はビフォーじゃふたーのように相反する意味を持つ要素を同等の扱いで配置することです。同じウエイトで配置することで相反する2つの項目が対立する強い対比関係にある場合によく利用されます。

また、例えばiPhoneとandroid携帯のように似た者同士を比較するようぃあ対比関係の場合も対比のレイアウトは有効です。あえて同じ店阿多で両者を比較することで、細かな祭を強調できるためです。

つまり、内容的に対比関係が強くても弱くても、レイアウトを対比関係にすると、見るとは何が違うのか、という点に注目することを意味します。

  • レイアウトのポイント

対比の基本的なレイアウトは相反する要素を同じ見せ方で並べて配置します。そのため、強い対比関係を強調して見せるときは、シンメトリーのレイアウトや同じユニットを繰り返すレイアウトを利用します。

逆に雑誌の対談記事のように、内容は対比関係にあるものの、両者の違いを強調したくないこともあります。この場合、対比関係を穏やかに見せるために視線の動きを妨げず、スムーズに読み進められるようなアシンメトリーのレイアウトを利用します。ただし、どちらか一方が強調されてしまうと、強弱や主従といった関係性が発生し、読み手に先入観や間違った印象を与えかねません。両者を公平に見せたいときはバランスに注意しましょう。

Comments are closed.