集客商品は安さ感を演出せよ

集客商品は品揃えとともにもう一つの重要なポイントは安さ感をどのように見せるかである。理由は、集客商品を一番かするためには価格も大きな要素だからだ。やすさ感については詳細を後ほど述べるが、安そうイメージを与えるということ。全ての商品をやすくしてはやすうりになるが、一部の商品を安くして全体が安そうな印象を与える手法である。そのためにはいかが重点ポイント隣る。

①最下限価格がどこよりも安い

やすく買えるイメージを与えるためには特にスソと呼ばれる、スーパーエコノミー価格は他店よりやすく設定しなくてはいけない。むやみに価格競争をするのは避けるべきだが、秋客商品と位置付けたものについては最下限では絶対負けてはいけないのだ。たとえば、家電専門店で乾電池を集客商品と位置付けたとしよう。そうすると、ノンブランドのノーマル電池の価格はその商圏内のどの店よりも一番やすうする必要が有る。というもの。チラシの特性として最下限が安ければ全体的に安く見えてくるからだ。

そのためには随時他店のチラシをチャックし、あるいは競合店に出向き、価格をチェックする必要が有る。ただ、ここでのポイントはあくまでもノーマル電池の価格のみで良い。

②チラシ掲載品は他店に負けない価格を

さらにチラシに掲載する商品については他店と最低同等とする必要が有る。もちろん、集客商品として位置付けられた商品のみで良い。全て商品を安くしようとすると、無理が出てくるからだ。ゆえに家電店であれば、乾電池以外、たとえば、電管球などの低単価集客商品についても他店に負けない価格をつけるべきだ。もしこれらの集客商品のチラシ上価格が高ければ、購買頻度が高いだけにたかそうなイメージが残ってしまうからだ。

③均一プライスで安く見せる

均一価格というのは、古典的であるが、安く見せる常套手段。100円均一が流行るのも安さ感が強烈であり、得するイメージがあるからだ。昔から野菜の100円均一、お菓子の100円均一、靴下の100円均一など、集客商品には均一プライスをつけることで集客力を高めることができる。

 

Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *