チラシの実力

大勢の人に接触しても、実際に、お店に足を運んでもらい、その商品が売れなければ意味がない。見込み客に向けて間違いなく実効性があれば、配布エリアも限り、数も一定でいい。費用対効果が大きいことが一定のエリアを対象にしたときの要である。むしろ限ったエリアで季節ごと、あるいは広告表現を変えて回を重ねれば、データが出る。あるいは配布エリアを変えていくことで、見込み客の実体や仮設の検証となる。広告しながらマーケットリサーチの数字が取れるのである。そんなチラシという広告手段が持つ細かいところまで配慮が行き届いたサービスセンスが、webという新しいメディアの利用に反映されて、今注目されている。webでは、紙媒体のようにエリアを限定して配布するのではなく、ユーザーが求めるキーワードから情報を見つけ出す楽しみがある。さらに固定客へははがきや、DMと組み合わせたアプローチが有効だ。メディアを複数組み合わせることで、ダイナミックな表現て回が可能になるのだ。広告の目的は、いつでも来店者の増加、利用者や購買者の増加、売り上げの増加だ。伝えるべき広告メッセージは、消費者ベネフィットただ一つ。得だと思わなければ人は動かない。そして、チラシの場合、広告効果は常に売り上げの数字で計られ、次回の検討材料として小さな表現の隅々まで反省の材料とされる。チラシの担当者は胃の痛む思いを何度も経験しているタフな営業マンだろう。しかし、社会に企業や商品が必要とされていれば、いつでも歓迎される経済原理を痛感している経営者に、最も頼りにされる広告は実は、常に変化し続けるチラシなのかもしれない。

Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *