SEO内部対策/HTMLを整える

SEOの内部対策とは?
Webサイト内で記述したテキストやHTMLを各Web ページごとに最適化するのがSEOの内部対策です。できることからすぐに実践しましょう。内部対策で行う具体的な施策は、作成したHTML文書を検索エンジンに正しく理解してもらうため、正しいHTML の記述が大前提になりま す。間違ったHTMLの記述をすると 意図 したとおりにWebページがブラウザに表示でき ないばかりでなく、 Webページに何が記述されているのか検索エンジンが正しく理解できなくなります。このような理由から、必要最低限のHTMLの正しい記述方法をマスターしましょう 。 HTMLは時代とともに仕様が進化しており、現在は最新の HTML5に準拠したHTMLで記述することをお勧めします。 HTMLの基本構造はドキュメントタイプ宣言から始まり、 HTML文書であることを示し、ヘッダ情報を記述し、文書を記述する流れになります。 最初のドキュメントタイプ宣言は、 HTML5 の場合!DOCTYPE htmlと 記述しますhtml~ /htmlで、囲んだ部分がHTML文書であることを示しています。htmlタグの中には、文書のへッダー情報を示すheadタグと文書の本体を示す<body>タグが1つずつ入ります。左ページのHTMLを確認してみると html~/htmlの中にhead ~ /head とbody ~/bodyが1 組ずつ記述されているのがわかります。 そしてへッダ情報であるhead タグにの中には、文字エンコードを指定する metaタグを記述します。文字エンコ ード がUTF-8 の場合はmeta charset=”UTF- 8″ と記述します。この文字エンコード を記述する理由です が、日本語にはShift-JISなど様々なエンコード方式があり この meta charset を設定しないとブラウザに表示された文字が文字化けをして文書が読めない可能性があるのです。文字化けを防ぐためにも、 meta charset は必ず記述しましょう 。 ブラウザ上部に表示される文書のタイトルもhead夕グ の中にtitleタグで記述します。title~ / titleに固まれたテキストがブラウザ上部に表示されます。bodyタグの中には文書の本体を記述します。p ~ /pを1 つの段落として文章を記述しましょう。 このフォーマットは HTMLの基本となるもので、 HTMLを自分で編集したいなら、必ず知っておかねばならないものです。逆にこれだけ知っていれば、 とりあえず、 HTML文書は作成できるということです。作成した文書はhtmlという拡張子をつけたファイル形式で保存してサーバにアップすれば、インターネット上で閲覧できるようになります。

おすすめサイト:SEO対策の東京SEOメーカー